トヨタ紡織期間工の給料は年収410万円超!満了金など待遇詳細も解説

この記事には広告を含む場合があります。

画像出典:トヨタ紡織九州

自動車シートや内外装製品を手掛ける『トヨタ紡織』。
トヨタ系の大手企業とあって、期間工求人への応募を検討中の方もいるかと思います。

ただ、トヨタ紡織期間工の給料や年収がどのくらい稼げるのか、そのあたりの実情が気になりますよね?

トヨタ紡織の期間工は目立った手当が少ないものの、基本給が非常に高いため、総じて平均年収は414万円という結果になりました。
自動車メーカーと比べると給与はやや下がりますが、部品メーカーの待遇としては良いほうです。

というわけで今回は、トヨタ紡織期間工の給料をさらに詳しくチェックしていきましょう!

目次

トヨタ紡織の仕事内容

まずは、仕事内容について簡単に見ておきましょう。

たとえば「トヨタ」のような自動車メーカーの場合は、さまざまな部品を車両本体に組み付けたり、エンジンを組み立てたりする仕事がメインになります。

一方、トヨタ紡織は、いわゆる「部品メーカー」になります。
主な製品としては、自動車や飛行機、新幹線などのシート、車のドアトリムといった内外装品があります。

【トヨタ紡織の作業風景】
出典:トヨタ紡織

作業内容はさまざまですが、いずれも決められた工程を繰り返していく「ライン作業」をおこないます。

画像からも分かるように、トヨタ紡織の仕事はほとんどが軽作業になるため、自動車メーカーなどに比べて女性社員も多いです。

出典:トヨタ紡織

ですから、トヨタ紡織のような部品メーカーは、期間工が初めての方にも働きやすい環境だと思います。

ちなみに私も以前、部品メーカーであるアイシンで期間工として働いたことがありますが、作業自体は非常に簡単でした。

トヨタ紡織期間工の給料条件

それでは、ここから本題であるトヨタ紡織期間工の給料についてチェックしていきましょう。

トヨタ紡織は基本給の高さが業界一

まずベースとなる基本給ですが、トヨタ紡織は時給制で、しかも非常に高額です。
月収目安と合わせてご覧ください。

時給月収目安
1年目1,600円31.5万円
2年目1,650円32.5万円
3年目1,700円33.5万円

※月収は、21日勤務・残業20時間・深夜勤務40時間で計算

スタートは時給1,600円で、1年ごとに基本給がアップします。
全くの未経験でも初月から30万円以上稼げるので、非常に高額ですよね。

ちなみに時給1,600円は、日給に換算すると12,000円(7.5h)になります。
これを他社とも比較してみましょう。

会社期間工の日給
トヨタ紡織12,000円
トヨタ10,100円
デンソー10,000円
アイシン11,120円
日産9,600円
ホンダ10,600円
スバル9,770円
マツダ9,550円

このとおり、日給だけを見れば、トヨタ紡織は基本給の高さがダントツです。

したがって、トヨタ紡織期間工は、手当の支給条件などの左右されることなく、安定して稼ぎ続けることができます。

満了金

続いて、満了金についてです。

トヨタ紡織の満了手当の支給額は【1,000円/日】で、6ヶ月ごとの契約満了の際に累積額がまとめて支給されます。
半年の勤務日数を122日とした場合、満了金は12.2万円ということになります。

満了月支給額累計
6ヶ月12.2万円12.2万円
12ヶ月12.2万円24.4万円
18ヶ月12.2万円36.6万円
24ヶ月12.2万円48.8万円
30ヶ月12.2万円61万円
35ヶ月10.2万円71.2万円

※6ヶ月の勤務日数を122日とした場合

もちろん他社でも満了金はあり、なかには100万円を優に超える会社もあります。
ですから、正直なところ、トヨタ紡織期間工の満了手当はそこまで高いとは言えません。

その他の待遇

以上がトヨタ紡織期間工の諸手当ですが、そのほかの待遇は以下のとおりです。

寮費(水道光熱費を含む)2万円/月
赴任帰任旅費規定額支給
通勤手当車通勤
ガソリン代相当額
自転車
150円/日(片道1km以上)

ひとつ残念なのは、寮費が有料である点です。
月2万円ということは、年間24万円もの出費になります。
もちろん格安ではありますが、他社は無料なところが多いことを考えると、この点はトヨタ紡織のデメリットと言えるでしょう。

ただ、トヨタ紡織の寮は「借上アパート」で、テレビ・冷蔵庫・寝具は完備されているため、2万円で一人暮らしができると思えば安いですね。

トヨタ紡織は入社祝い金がない

高額な入社祝い金がもらえるのは、期間工で働く大きなメリットのひとつです。
条件の良いところだと、40万円前後も支給されます。

しかし、残念ながら、トヨタ紡織期間工は入社祝い金が出ません
そのため、高額な祝い金が用意されている会社の求人と比べると、どうしてもトヨタ紡織は見劣りしてしまいますね。

以上が、トヨタ紡織期間工の給料に関する待遇です。

短期総支給と年収を計算

それでは、ここまで見てきた手当をすべて含め、トヨタ紡織期間工の「総支給」を計算してみましょう。

就労期間総支給
3ヶ月95万円
6ヶ月201万円
12ヶ月402万円
2年目414万円
3年目
(11ヶ月)
391万円
合計1,207万円
平均年収414万円

トヨタ紡織は満了金以外に目立った手当がないものの、基本給が非常に高いため、6ヶ月の短期でも200万円は稼げます。
また、基本給が年々アップするため、3年間の平均年収は414万円にも及びます。
もろもろの手当に少し物足りなさは感じますが、このように総支給を計算してみると部品メーカーとしては悪くない金額ですね。

ただ、愛知県は期間工の優良求人の宝庫なので、以下のとおり、他社と比較すると給料の差は歴然です。

トヨタ紡織トヨタアイシンデンソー
1年目402万円501万円500万円471万円
2年目414万円455万円410万円494万円
3年目391万円435万円378万円454万円
総額1,207万円1,391万円1,288万円1,419万円

このように、トヨタ紡織の給料がもっとも低い計算になります。

しかしながら、これはトヨタ紡織の待遇が悪いというわけではなく、ほかの3社(トヨタ、アイシン、デンソー)の給料が高すぎると言ったほうが正解です。

ですから、トヨタ紡織期間工も決しておすすめできないわけではありませんが、給料だけを見れば、やはりトヨタアイシンデンソーの期間工で働いたほうが稼げるでしょう。

まとめ

今回は、トヨタ紡織期間工の待遇について解説してきました。
最後に求人のポイントをまとめます。

トヨタ紡織期間工の特徴まとめ
  • 基本給が高い(時給1,600円〜、月収31.5万円〜)
  • 満了手当は約2万円/月
  • 入社祝い金はなし
  • 寮費は2万円/月
  • 総支給、年収はまずまず

トヨタ紡織期間工の待遇はトップクラスのメーカーと比べると少々見劣りしますが、部品メーカーのなかでは十分稼げる部類に入ります。

ですから、「軽作業の工場で働きたい」「勤務地の都合がいい」という方は、ぜひトヨタ紡織への応募を検討してみましょう。

≫トヨタ紡織期間工の募集要項を詳しく見る

ただ、前項のとおり、トヨタ紡織期間工より全然稼げるメーカーもあるのが実情です。
なので、しっかり稼ぎたい方は、待遇がなるべく良い会社を選ぶようにしてくださいね。

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次