【最新】期間工の入社祝い金ランキング!支給額が高い会社を一挙紹介

この記事には広告を含む場合があります。

期間工の仕事は、高額な入社祝い金をもらえるのが最大の魅力のひとつです。
その金額は、なんと数十万円にも及びます!

しかし、入社祝い金の額はメーカーによってかなりの差があります。
ですから、入社祝い金がいくら貰えるかは、期間工の応募先を選ぶときの大きな基準になるでしょう。

というわけで今回は、期間工の入社祝い金をランキング形式でチェックしていきたいと思います。

目次

期間工の入社祝い金 高額ランキング(2024年6月最新)

それでは早速、期間工の入社祝い金ランキングをご覧ください。

期間工の入社祝い金ランキング

社名(工場名)入社祝い金
アイシン100万円
日産(栃木工場)70万円
ジェイテクトギヤシステム50万円
プライムアースEVエナジー50万円
日産(いわき工場)50万円
日産(横浜工場)50万円
日産(追浜工場)50万円
日産車体九州50万円
豊田自動織機50万円
トヨタ40万円
トヨタ自動車九州40万円
スバル40万円
スズキ40万円
青山製作所40万円
大阪チタニウムテクノロジーズ30万円
マツダ20万円
いすゞ20万円
日産自動車九州20万円
ダイハツ九州15万円
小松製作所13万円
住友建機10万円
ブリヂストン5万円
2024年6月時点

いかがですか? かなり高額ですよね。
数年前は40万円くらいが最高水準でしたが、現在では50万円以上を支給してくれる会社も出てきています。

とくに期間工を短期で働く方にとっては、「入社祝い金」が総支給を大きく左右します。
なので、上記の表を参考にして、応募先を検討してみてください。

ただし、入社祝い金が高くても、その他の手当がイマイチだったら意味がありません。

そこで、上記ランキング表の中でもとくに注目のメーカーをピックアップしてみました。

これらの求人は入社祝い金が高いのに加えて、1年以上の長期においても待遇がかなり良いです。
「祝い金目当てで入社したけど、意外と稼げない」というケースがあるので、失敗しないためにも上記のメーカーはぜひ候補に入れておきましょう。

なお、各社の募集要項を1社ずつチェックするのは結構大変なので、まとめて比較したい方は当サイトのおすすめランキングをご覧ください。

入社祝い金が高くなる時期

なお、入社祝い金は「期間工の募集を強化するためのキャンペーン」のようなものです。
したがって、募集を強化する時期・強化しない時期によって支給額は変わります。

基本的には、【祝い金が高い=人手を確保したい時期】と考えておきましょう。
たとえば、以下の時期がそうです。

  • 人員が変動しやすい時期
  • 増産時期の前
  • 決算月(9,3月)の前

年間を通して祝い金の変動を追ってみると、以下の傾向も見られます。

  • 1〜4月が最も高い
  • 9〜12月も比較的高い

ですから、これらの時期は入社のタイミングとしては狙い目です。

ただ、厳密にいえば、工場の人員体制の変動や生産状況は会社によって違うので、入社祝い金が高くなるタイミングがこの通りになるとは限りません。

それに、期間工として働く期間が長期になるほど、祝い金より普段の給料のほうが大きく影響します
なので、どうしても目先の特典に目を奪われがちですが、基本給や満了金などの条件もよくチェックすることをおすすめします。

≫大手の期間工求人一覧はこちら

まとめ

今回は、期間工の入社祝い金をランキング形式で見てきました。

たとえ10万円でも貰えれば嬉しいですが、現在では何と40万円以上を支給してくれる会社も珍しくありません。
ですから、期間工の応募先を選ぶときは、ぜひ入社祝い金をチェックしましょう。
(とくに短期就労の場合は)

しかしながら、長期で働く場合は、もちろん普段の給与形態も無視はできません。
2年、3年と経てば総支給が数百万円も変わってくるので、応募の際は「総支給が高い会社」にも注目してくださいね。

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次