日産追浜 期間工の給料は年収437万円!2年目以降が微妙な理由も解説

この記事には広告を含む場合があります。

神奈川県横須賀市にある、日産の「追浜工場」。
日産追浜は期間工求人でも人気がありますが、実際のところ、いくら稼げるのかが気になりますよね?

さっそく結論をお伝えすると、日産追浜期間工1年目の給料は、以下のとおりです。

  • 6ヶ月の総支給:225万円
  • 1年目の年収 :437万円

一般的な労働時間で計算したところ、給料はこのような結果になりました。

年収が400万円を切る会社も多い中、437万円というのはかなり高額です。
また、日産追浜は寮環境にも非常に恵まれています。

しかしながら、2,3年目の待遇は決して良いとは言えないので、そこは注意する必要があるでしょう。

というわけで今回は、日産「追浜工場」期間工の待遇を寮環境も含めて詳しく見ていきたいと思います。

目次

追浜工場があるのは横須賀

日産追浜工場があるのは神奈川県の横須賀市で、横浜や東京にもほど近い場所です。

横浜といえば、「みなとみらい」や「横浜中華街」が有名ですよね。

横浜までは電車で20分くらいの距離なので、週末は買い物や食べ歩きといった観光も楽しめるでしょう。

それに、横須賀もけっこう魅力的な街です。
たとえば、「八景島シーパラダイス」や「米軍の横須賀基地」などが有名です。

ほどよく街でありながら、すぐそこには海や山などの自然も広がっている。
落ち着いて暮らすには、持ってこいの場所です。

短期で働くのであれば住環境はそこまで気にならないかもしれませんが、その場所に1年以上住むことになる場合はきちんとリフレッシュできる環境があるのはとても大切な要素です。

ですから、そういう意味でも、横須賀は「働きやすい環境」といえるでしょう。

ちなみに、追浜工場はココになります。

追浜駅から徒歩20分くらい、車で5分くらいの距離です。

この辺りは学校なども多く、大半が住宅地なので、「人が暮らしやすい地域」になります。

日産追浜の寮環境

次に、寮環境も見ておきましょう。

追浜工場の寮は「追浜ドミトリー」という、非常にきれいな独身寮になります。

横須賀という場所を考慮すると家賃6〜7万円はかかるレベルの物件で、期間工の寮としては最上グレードでしょう。
そこに無料で住めるわけですから、寮としては申し分ありません。

ただし、次の2点は注意が必要です。

  • 寮内に食堂がない
  • 車バイクの持ち込み不可

食堂がないということは、自炊するか、スーパーやコンビニで買うことなります。
そのため、集合寮より食費が高く付くはずです。

また、車やバイクを持っている場合は、寮以外で保管する場所を見つける必要があります。

寮自体はとてもきれいですが、このあたりは良し悪しがありますね。

なお、追浜工場の寮は、工場と追浜駅のちょうど真ん中あたりの場所です。

他工場の場合は電車やバスで時間が結構かかるケースもありますが、勤務地まで徒歩圏内なのは嬉しいポイントです。

また、駅が近いのもメリットになります。
工場仕事を続けるにはプライベートの充実も大切な要素なので、そういう意味で、日産追浜の住環境はとても恵まれています。

仕事内容

日産「追浜工場」は、車両本体の製造がメインになります。
製造しているのは、主に以下の車種です。

  • 日産リーフ
  • ジューク
  • キューブ
  • シルフィ
  • ノート

具体的な作業内容としては、以下のようなものがあります。

  • 車両の組み立て、塗装
  • 完成車への内装組立
  • ドアの組立・組付け
  • 車体の足回りの組立

要するに、それぞれの部品を車両本体に組み付けていき、自動車を完成させる仕事です。

今ではどこの工場も機械化がかなり進んでいるので、その機械に手伝ってもらいながら車両を一つ一つ組み立てていくようなイメージです。

ただ、日産「横浜」のように部品をメインに製造している工場と比べると、作業負担はやや大きいでしょう。

日産追浜期間工の給料条件

ここまでは追浜工場の住環境や仕事の概要を見てきましたが、次は本題の「給料」について詳しくチェックしていきましょう。

期間工の諸手当には、以下の4つがあります。

  1. 基本給(残業代、深夜手当、休日出勤手当を含む)
  2. 満了慰労金
  3. 入社祝い金
  4. その他の各種手当

会社や工場によって、この4項目の条件は全く異なります。
ただ、重要なのはすべて含めた「総支給」なので、そこで最終的に稼げるかどうかを判断することが重要です。

というわけで、日産追浜期間工の各種待遇を順に見ていきますね。

基本給と月収目安

日産追浜期間工の基本給と月収目安は、以下のとおりです。

基本給月収目安
時給1,200円
(日給換算9,300円)
27.5万円

このとおり、日産追浜の基本給はそこまで高くありません。
期間工の平均月収も28〜29万円くらいなので、それと比べても低めです。

ただし、残業時間や休日出勤の状況によって、月収は大きく変動する可能性はあります。

満了慰労金

次に、期間工のボーナスである「満了慰労金」の条件を見ていきましょう。

満了月支給額累計
6ヶ月19万円19万円
12ヶ月22万円41万円
18ヶ月25万円66万円
24ヶ月28万円94万円
30ヶ月94万円
35ヶ月94万円

このとおり、決して悪い金額ではありません。

ただし、日産追浜は契約更新5,6回目の満了金が出ないため、これは3年目の総支給に大きく影響することになります。

入社祝い金

時期によって変動する入社祝い金ですが、日産追浜期間工は現状、50万円の支給額になります。

ただし、以下のとおり、分割支給になるので注意しましょう。

支給月分割額
2ヶ月目15万円
5ヶ月目15万円
8ヶ月目20万円

したがって、総額をもらうには、最低でも8ヶ月は勤める必要があるわけです。
祝い金が非常に高額なので当然ともいえますが、入社してすぐに一括で支給されないことは理解しておいてくださいね。

その他の各種手当

では、上記以外の手当もザッと確認しておきましょう。

手当支給額
食事補助3万円
皆勤手当8万円(4万円×2回)
※最初の2ヶ月のみ
勤続ボーナス5万円(1回のみ)
※最初の6ヶ月契約を満了した方が対象
勤続加算3万円/6ヶ月(3回のみ)
※上記の満了金に含まれる
組立工程加算金1万円/月
寮費無料
赴任帰任旅費支給あり

いずれもそこそこの金額ではあるものの、年間を通して、あるいは契約ごとに継続して支給される手当はありません
もちろん、貰えるだけありがたいとは思いますが、総支給にはあまり影響しない程度です。

以上が、日産追浜期間工の各種手当になります。

日産追浜期間工は2年目以降が意外と稼げない

ここまで日産追浜の待遇を細かくチェックしましたが、結局のところは「総支給でいくら稼げるのか」が重要なポイントです。

というわけで、上記の条件をふまえ、就労期間ごとの「総支給」を計算してみました。

勤務期間総支給
6ヶ月225万円
1年目437万円
2年目383万円
3年目303万円
合計1,123万円

ご覧のとおり、6ヶ月・1年目の総支給はかなり高額です。
冒頭でもお伝えしたように、年収400万円を切る期間工求人が多いなか、1年目437万円という数字は非常に優秀です。

しかしながら、2年目は入社祝い金がなくなり、3年目は満了金がなくなるため、年収は尻つぼみなのは明らか。。
3年間の平均年収は385万円なので、とくに25ヶ月以降の待遇が足を大きく引っ張る結果になりました。

したがって、給料だけで見た場合、日産追浜工場は「1年以内の短期で働く」「2年以内に正社員にチャレンジする」という頭でいた方が良さそうです。

正社員登用実績

というわけで補足として、日産追浜の正社員登用についてもチェックしておきましょう。

登用実績は、以下のとおりです。

登用実績2016〜2023年
1,138名
年間登用実績平均142名
※年々増えている傾向があります。
登用試験年2回

この登用実績が多いのか少ないのかは中々判断しにくいですが、人数を公開している時点で正社員登用には積極的であることがうかがえます。

期間工3年目の総支給が一気に下ることを考えると、正社員をめざす方は1〜2年で決めるつもりで働いたほうが良さそうですね。

あるいは、正社員登用にもっと積極的で、なおかつ期間工の待遇がいい会社を選ぶのも一つの選択肢です。

まとめ

今回は、日産追浜期間工の待遇やその他の条件を詳しく見てきました。

結果として、「住環境」と「1年目の給料」は申し分ないでしょう。
ですから、寮にこだわりたい場合や、1年以内の勤務を考えている場合は、『日産追浜』は有力な候補になるでしょう。

≫日産追浜期間工の募集要項を詳しく見る

しかしながら、やはり3年目の給与条件が悪いのは否めません。
ですから、もし2,3年以上の長期で働くことを考えているのであれば、以下で紹介するメーカーを候補にすることをおすすめします。

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次