期間工から正社員になりやすい会社8選!登用率と将来性を重視して厳選

この記事には広告を含む場合があります。

「期間工から正社員になりやすい会社はどこ?」
「期間工の待遇が良くて、正社員になれる可能性の高い会社が知りたい」

期間工の待遇は非常に魅力的ですが、その反面、将来への不安がどうしても拭えないところがあります。
そのため、「期間工から正社員を目指したい」という方もいるはずです。

どの会社も正社員登用制度があり、実際に多くの人がキャリアアップしているので、あなたにだってもちろんチャンスはあります!

ただ、正直なところ、正社員登用実績が芳しくない会社もあります。
ですから、正社員を目指すのであれば、まずは正社員になりやすい会社に入社することをお勧めします。

そこで今回は、期間工から正社員になりやすく、なおかつ期間工の待遇が良い8つの会社を紹介します。
正社員になることを見据えて期間工で働きたい方は、ぜひ参考にしてください。

目次

正社員になりやすい会社に入社することが大前提

期間工の求人情報を見ると、有名企業なら「正社員の登用実績」も宣伝されていますよね。
ですから、「有名企業で正社員になる」という期待も膨らむことでしょう。

実際に僕も、期間工で働き始めて3ヶ月で正社員へのお誘いがかかりました。

ただ、前述したように、正社員への登用制度自体はあっても、採用に積極的ではない会社もあります。
その会社で期間工として一生懸命に働いても取り越し苦労になる可能性もあるので、キャリアアップを安易に期待しすぎるのは危険です。

したがって、期間工から正社員になりたい方は、まずは「正社員登用されやすいメーカー」に期間工として入社することが重要になります。

正社員登用率が高い8社を比較

というわけで早速、期間工から正社員になりやすいメーカーをご紹介しましょう!
それが以下の8社です。

正社員登用されやすい会社8選
  1. トヨタ(愛知)
  2. アイシン(愛知)
  3. スバル(群馬)
  4. マツダ(広島、山口)
  5. プライムアースEVエナジー(静岡)
  6. 青山製作所(岐阜)
  7. 大阪チタニウムテクノロジーズ(兵庫)
  8. ブリジストン(栃木)

この8社をおすすめする理由は、言うまでもなく、正社員の登用実績がズバ抜けて多いからです。
なおかつ、「企業としての将来性」や「期間工の待遇の良さ」も申し分ありません。

それでは、上記8社について詳しく見ていきましょう。

正社員登用実績

まずは、肝心な「正社員登用実績」を確認しましょう。

正社員の登用実績

会社正社員登用実績
トヨタ1,023名(2018〜2022年)
アイシン750名(2018年)
スバル2,090名(〜2023年)
マツダ2022年度:登用率68%
過去5年間:641名
青山製作所入社半年〜1年の登用率90%
プライムアースEVエナジー391名(2017〜2021年)
大阪チタニウムテクノロジーズ250名以上
登用率90%(在籍1〜2年の希望者)
ブリジストン登用率94%(在籍3年以上の場合)

正社員登用実績を公表している会社の中では、この8社の実績がダントツです。

公表されている登用実績の期間は会社ごとに異なるので一概には比較できませんが、上記8社はいずれも正社員採用に積極的なのは間違いありません。

正社員登用試験の回数

なお、期間工から正社員になれる確率は15~20%と言われています。
つまり、期間工から正社員になりたい5~6人のうち1人が採用される計算です。

採用率が低いように感じるかもしれませんが、実は、登用試験のチャンスは1回だけではありません。
登用試験の回数を比べてみましょう。

会社登用試験回数
トヨタ年4回
アイシン年2回
マツダ年2回
スバル年4回
青山製作所年2回
プライムアースEVエナジー年4回
大阪チタニウムテクノロジーズ年2回
ブリヂストン年2回

このように登用試験は何回もあるので、3回4回とチャレンジすれば正社員になれる確率は80%くらいまでアップします!

ですから、まずは正社員になりやすい会社へ入ることが先決ですが、登用試験に何度がチャレンジすることも視野に入れておきましょう。

期間工の待遇

ただ、いくら正社員になることが目標とはいえ、期間工の待遇も無視はできないですよね。

それでは、上記8社の「期間工1年目の給料」を比較してみましょう。

会社1年目の年収
トヨタ501万円
アイシン500万円
スバル444万円
マツダ414万円
青山製作所410万円
プライムアースEVエナジー460万円
大阪チタニウムテクノロジーズ485万円
ブリヂストン401万円
※生産状況によって変動する可能性はあります。

ご覧のとおり、トヨタとアイシンの年収はズバ抜けていますが、他社でも年収450万円程度稼げるところは申し分ありません。

ただ、中でもマツダ、青山製作所、ブリヂストンの給与はイマイチです。

企業としての将来性

正社員を目指すうえで、その会社の将来性も無視できないポイントになります。

トヨタの将来性

日本企業の中では、トヨタの将来性は抜群です。
もちろん工場勤務でも、正社員であれば昇給も見込めます。
ですから、将来的にも安心して働けますし、年収も年々アップするのは間違いありません。

アイシンの将来性

アイシンは部品系メーカーになるため、ボディ系メーカーに比べると正社員の待遇はやや劣ります。
しかし、トヨタを支える大手メーカーですから、将来性はバッチリです。
もちろん昇給制度もあるので、先々の年収はアップしていくでしょう。

スバルの将来性

スバルにおいては、正社員でも高待遇なのは評価できます。
もちろん、日本を代表する自動車メーカーなので、将来性もある程度は期待できます。

マツダの将来性

マツダも斬新なデザインを武器に、今後の躍進が期待できるメーカーのひとつです。
そのため、正社員としてがんばって働けば、将来への展望も明るいです。
トヨタほどではありませんが、安心して将来設計を立てられる企業だと思います。

青山製作所の将来性

青山製作所は、自動車用ファスナーにおいて国内シェアNo.1の会社です。
あまり聞いたことがないかもしませんが、車の内外装に使われるネジやナットなどの専門メーカーで、トヨタ車全車種に青山製作所の部品が使用されています。
国内シェアNo.1というだけで将来性は十分ですが、自動車業界の大変革期でも必ず使用される部品なので、今後も成長が期待される会社です。

プライムアースEVエナジーの将来性

プライムアースEVエナジーは、ハイブリッド車用バッテリーで世界シェアNo.1の会社です。
環境負荷低減への取り組みも積極的に推進し、リサイクル技術開発、再生可能エネルギー利用拡大など、持続可能な電池製造を目指しています。

プライムアースEVエナジーはEV電池市場のリーディングカンパニーとして、今後も成長していくことが期待されます。

大阪チタニウムテクノロジーズの将来性

長年にわたり培ってきた技術力で、チタン加工のトップメーカーとして確固たる地位を築いています。
高い品質と信頼性を誇る「OTT」ブランドは、航空機、医療機器、化学プラントなど、厳しい要求が求められる分野で採用されています。

豊富な経験とノウハウに基づき、顧客のニーズに最適なソリューションを提供し、社会の発展に貢献し続けています。
競争が激化する市場においても、世界トップレベルの技術力と豊富な経験を活かし、中長期的な成長を目指します。

ブリヂストンの将来性

ブリヂストンは、世界トップクラスの技術力とブランド力を誇るタイヤメーカーであり、長年にわたり培ってきたノウハウと実績は大きな強みです。

EV市場の拡大への対応、サステナビリティへの取り組み、デジタル技術の活用、経営体制の強化など、将来に向けた積極的な投資と取り組みを進めており、持続的な成長を実現していくことが期待されます。

これらのポジティブな要素から、ブリヂストンの将来性は非常に明るいと言えるでしょう。

このとおり、どの会社も「大手」という点で安心感は十分ですが、それに加えて世界シェアの大きい会社は将来性もバッチリです。

期間工から正社員になりやすいオススメ求人

ここまで、期間工から正社員になりやすい4社の「登用実績」「期間工の待遇」「将来性」をチェックしてきました。
それぞれのポイントにおいて優劣はありますが、いずれも正社員へのキャリアアップは期待できる会社です。

それでは、上記の比較結果をもとに総合評価をおこない、候補8社をおすすめ順で紹介してきましょう!

  1. トヨタ(愛知)
  2. アイシン(愛知)
  3. スバル(群馬)
  4. マツダ(広島、山口)
  5. プライムアースEVエナジー(静岡)
  6. 青山製作所(岐阜)
  7. 大阪チタニウムテクノロジーズ(兵庫)
  8. ブリジストン(栃木)

トヨタ(TOYOTA)

トヨタは正社員登用、待遇、将来性どれを取っても文句なし!

正社員登用実績2018〜2022年
1,023名
★★★★★
1年目の総支給額501万円
★★★★★
満了慰労金・報奨金総額306万円
★★★★★
入社祝い金40万円
★★★★★
将来性★★★★★
総合評価★★★★★

※勤務地:愛知県

登用実績を見てもわかるように、トヨタは期間工から正社員登用を積極的に行っています。
「期間工でがんばって正社員を目指したい!」という強い意欲がある方は、ぜひ「トヨタ」を候補に入れておいてください。

さらに、トヨタは期間工としての待遇や将来性もバッチリです。
短期でも長期でも非常に稼ぎやすいので、トータル的に見ても、やはり「世界のトヨタ」と言われるだけあります。

≫トヨタ期間工の募集要項を詳しく見る

アイシン(AISIN)

アイシンは正社員登用率が最も高い!基本給の高さも魅力的

正社員登用実績2018年
750名
★★★★★
1年目の総支給額500万円
★★★★★
満了慰労金・報奨金総額115万円
★★★☆☆
入社祝い金100万円
★★★★★
将来性★★★★★
総合評価★★★★

※勤務地:愛知県

アイシンにおいても、期間工の待遇、将来性は文句ナシです。

とくに評価できるのは、正社員の登用実績です。
他社とは群を抜いた正社員登用の実績があり、また将来的にも採用枠が増えていくことが予想されます。
※2024年度、正社員採用枠が2倍に拡大!

ですから、「確実に正社員になりたい」という方にはアイシンをおすすめします。

※入社祝い金100万円(期間限定)

≫アイシン期間工の募集要項を詳しく見る

スバル(SUBARU)

「ガッツリ稼げる」と噂のスバル。正社員も積極採用中!

正社員登用実績2023年8月時点
2,090名
★★★★★
1年目の総支給額444万円
★★★★
満了慰労金・報奨金総額122万円
★★★☆☆
入社祝い金40万円
★★★★★
将来性★★★★
総合評価★★★★

※勤務地:群馬県

正社員の登用実績、期間工の待遇のどちらも高く評価できるのは間違いありません。

上記2社は愛知県の求人なので、関東圏で期間工から正社員をめざしたい方はスバルをおすすめします。

≫スバル期間工の募集要項を詳しく見る

マツダ(MAZDA)※募集停止

人気の自動車メーカー!若手社員を積極採用中

正社員登用実績2022年度:登用率68%
過去5年間:641名
★★★★
1年目の総支給額414万円
★★★☆☆
満了慰労金・報奨金総額88万円
★★★☆☆
入社祝い金20万円
★★★☆☆
将来性★★★★
総合評価★★★☆☆

※勤務地:広島県、山口県

上記3社に比べて期間工の待遇はやや物足りないですが、それでも期間中の給与はかなり高いほうです。

もちろん、正社員登用にも積極的なので、勤務地などの都合が良ければぜひ応募を検討してみましょう。

≫マツダ期間工の募集要項を詳しく見る

プライムアースEVエナジー(Prime Earth EV Energy)

世界シェアNo.1の会社だから将来性もバッチリ!

正社員登用実績391名
(2017〜2021年)
★★★★
1年目の総支給額460万円
★★★★★
満了慰労金・報奨金総額312.5万円
★★★★★
入社祝い金50万円
★★★★★
将来性★★★★★
総合評価★★★★★

※勤務地:静岡県

ハイブリッド車用のバッテリーで世界シェアNo.1を誇る「プライムアースEVエナジー」。
トヨタ自動車とパナソニックの共同出資により設立された会社なので、先々の将来性もバッチリです。

上記のとおり、期間工の待遇も申し分ありません。

自動車メーカーに比べて正社員の登用実績は少なめですが、公式サイトでは「積極採用」を公言しているので、契約中にチャンレジすればチャンスは十分にあるはずです。

≫プライムアースEVエナジーの募集要項を詳しく見る

青山製作所(Aoyama Seisakusho)

国内シェアNo.1の会社!正社員になれる可能性は一番高い!

正社員登用実績入社半年〜1年後の登用率90%
★★★★★
1年目の総支給額410万円
★★★☆☆
満了慰労金10万円/年
★★☆☆☆
入社祝い金40万円
★★★★★
将来性★★★★★
総合評価★★★★

※勤務地:岐阜県(主要4工場)

トヨタなどに比べると期間工の待遇は少し劣りますが、それでも入社祝い金40万円は非常に魅力的です。

そして何といっても、青山製作所の場合は「正社員登用率の高さ」が最大のメリットになります。
期間工で入社して半年から1年後にキャリアアップできる確率はなんと90%と、ほぼ正社員になれるといっても過言ではありません。

期間工を3年間頑張ったのに、正社員になれなかった…。
このように努力が無駄になるリスクを考えると、早期キャリアアップが実現する『青山製作所』は将来安定を望む方にとって有力候補になるはずです。

≫青山製作所の募集要項を詳しく見る

大阪チタニウムテクノロジーズ(OTC)

正社員登用は超高確率!期間工の待遇も優秀

正社員登用実績250名以上
登用率90%(在籍1〜2年の希望者)
★★★★★
1年目の総支給額485万円
★★★★★
入社祝い金30万円
★★★★
将来性★★★★
総合評価★★★★

※勤務地:兵庫県

「大阪チタニウムテクノロジーズ」はチタンとシリコン素材加工の世界トップメーカーで、航空機向け高品質チタンで世界シェア約30%を誇る会社です。
また、医療機器、自動車など幅広い分野においても事業展開しています。

大阪チタニウムテクノロジーズは期間工の基本給がトップクラスで、それに加えて入社祝い金も高額です。

正社員登用については、期間工在籍1〜2年の希望者の90%がキャリアアップを果たしています。
将来性良し、期間工の待遇良し、正社員登用良しという条件なので、安定した仕事を探している方はぜひエントリーを検討してみましょう。

≫大阪チタニウムテクノロジーズの募集要項を詳しく見る

ブリジストン(BRIDGESTONE)

期間工で3年以上経験を積めば、正社員はほぼ確実!

正社員登用実績登用率94%
(在籍3年以上の場合)
★★★★★
1年目の総支給額401万円
★★★☆☆
入社祝い金5万円
★★☆☆☆
将来性★★★★★
総合評価★★★★

※勤務地:栃木県

世界No.1タイヤメーカーの「ブリヂストン」。
言わずと知れた会社ですから、将来性においては心配ないでしょう。

そして、期間工在籍3年以上の場合、正社員登用率はなんと驚異の94%!
その間に技術をしっかり身に付ければ、世界No.1企業の正社員もほぼ確実と言っていいでしょう。

≫ブリヂストン期間工の募集要項を詳しく見る

まとめ

期間工は未経験でも高待遇を受けられる、素晴らしい仕事です。
さらに、真面目に勤め上げれば「正社員への道」も拓けるでしょう。

でもまずは、「正社員になりやすいメーカー」に期間工として入社するのが絶対条件です。

正社員登用にあまり積極的ではないメーカーに入社してしまうと、どれだけ頑張っても満了退職するのがオチです。

ですから、正社員へのチャンスを掴みたい方は、今回紹介した8社をぜひ検討してみてください。

  1. トヨタ(愛知)
  2. アイシン(愛知)
  3. スバル(群馬)
  4. マツダ(広島、山口)
  5. プライムアースEVエナジー(静岡)
  6. 青山製作所(岐阜)
  7. 大阪チタニウムテクノロジーズ(兵庫)
  8. ブリジストン(栃木)

ちなみに、これらの会社は期間工の待遇においても非常に優秀です。
たとえ正社員になれなくても在籍中は十分に稼げるので、その点も安心材料になるかと思います。

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次