期間工の寮費はキホン無料!寮と賃貸の生活費も比較してみた

この記事には広告を含む場合があります。

期間工として赴任する場合、たいていの会社では社員寮が用意されます。
しかも、無料のところが多いので、お金を貯めるには最適な環境です。

ただ、会社によっては寮費が有料のところもありますし、食費などの生活費は必ずかかります。

というわけで今回は、期間工を募集する各社の寮費・食費といった生活費について詳しく見ていきましょう。

目次

期間工の寮費は無料が多い

期間工の寮のタイプはさまざまですが、基本的には食堂、お風呂、トレイが共同になっているところが多いです。

一人暮らしのような生活ではありませんが、個室は必ず用意してもらえます。

しかも、期間工は給料が高く、寮費もキホン無料なので、条件が揃えばかなりの貯金もできます。

仮に賃貸暮らしとなれば、毎月の生活費は最低でも10万円はかかります。
ですから、そう考えると、貯金目的の場合は絶対に寮へ入ったほうが良いです。

ただし、期間工の給料は会社によって全然違います。

また、寮費はキホン無料と言いましたが、中には有料にしている会社もあるので、給料と寮費の両方を踏まえて応募先を選ぶようにしましょう。

寮費が無料の会社と有料の会社

それでは、寮費の条件が会社ごとにどうなっているのかを見ていきます。

以下のとおり、ボディ系メーカーの場合は、寮費は無料になります。

【ボディ系メーカーの寮費を比較】

自動車メーカー(ボディ系)一覧寮費
トヨタ無料(水道・光熱費無料)
豊田自動織機無料(水道・光熱費無料)
スバル無料(水道・光熱費無料)
ホンダ無料(水道・光熱費無料)
日産無料(水道・光熱費無料)
日産車体無料(水道・光熱費無料)
オートワークス京都無料(水道・光熱費無料)
パジェロ製造無料(水道・光熱費無料)
マツダ無料(水道・光熱費無料)
日産九州無料(水道・光熱費無料)
いすゞ無料(水道・光熱費無料)
日野無料(水道・光熱費無料)
スズキ無料(水道・光熱費無料)
小松製作所無料(水道・光熱費無料)
クボタ無料(水道・光熱費無料)

上記の会社は寮費が無料なのはもちろんのこと、水道光熱費もかかりません。
この点も大きなメリットですよね。

次に、部品系メーカーの寮費を見てみましょう。

【部品系メーカーの寮費を比較】

部品系メーカー一覧寮費
トヨタ紡織2万円/月(水道・光熱費を含む)
アイシン無料(水道・光熱費無料)
シーヴイテック格安(水道・光熱費無料)
ジヤトコ無料(水道・光熱費無料)
NTN3万円/月(水道・光熱費を含む)
ブリヂストン格安(水道・光熱費を含む)
住電装プラテック無料/4ヶ月間(水道・光熱費無料)
イーグル工業無料(水道・光熱費無料)
コマツキャステックス無料(水道・光熱費無料)

このとおり、寮費を有料にしている会社も中にはあります。
もちろん賃貸暮らしに比べれば格安ですが、年間10〜30万円程度になることを考えると大きな出費ですよね。

ですから、前述したように、期間工の会社を選ぶときは【高給&寮費無料】のところをおすすめします。

寮での食事代は毎月いくらかかる?

では続いて、寮での食費について見てみましょう。

前項で説明したように、たいていの会社は寮費が無料です。
しかし、それは家賃の話であって、食事代(食堂利用料)はどこも有料になります。

各社の寮での食事代は、以下のとおりです。

【工場・寮の食堂利用料の目安】

メーカー1食分の食事代
トヨタ450〜500円
スバル250〜450円
ホンダ250〜450円
日産250〜400円
日産車体300~700円
マツダ350円〜
日産九州300~350円
いすゞ130〜450円
スズキ100〜200円
クボタ250~500円
トヨタ紡織350円〜
アイシンAW400〜500円
アイシン機工400〜500円
ジヤトコ280円〜
NTN100円〜
ブリヂストン300~500円
住電装プラテック300~400円
イーグル工業160~360円
コマツキャステックス350~500円

ただ、有料とはいっても、食堂のメニューは格安です。

では、この食事代を1ヶ月分で計算してみましょう。

【寮生活の食事代】

1食分300〜400円
1日分(3食)900〜1,200円
1ヶ月分(30日)2.7〜3.6万円

工場または寮で食事を日に3回摂るとして、1ヶ月の食事代は3万円前後になるかと思います。
したがって、寮で生活する場合は、年間の食費が約36万円になります。
一見、大きな出費に感じるかもしれませんが、全く自炊をしなくてこの値段は格安です。

ちなみに、会社や寮の食事は栄養士が考えたメニューになります。

それを上記の金額で食べられるわけですから、これはある意味、寮へ入った人の特権と言えるかもしれませんね。

寮生活と賃貸暮らしの生活費を比較

ここまで見てきたように、「寮費無料」「食事代が格安」というのは、期間工で働く大きなメリットです。

では、「寮生活」と「賃貸暮らし」で生活費がいくら違ってくるのでしょうか?

まずは、賃貸暮らしの生活費をざっくり計算してみます。

【賃貸暮らしで最低限かかる生活費】

項目金額/月
家賃60,000円
電気代5,000円
ガス代3,000円
水道代2,000円
食費45,000円
合計11.5万円

※娯楽などによる出費は含めていません。

賃貸アパートであれば、当然ながら家賃や光熱費がかかります。
また、食堂があるわけではないので、コンビニ弁当や外食に頼ることも多くなり、食費も高く付くでしょう。
トータルすると、賃貸暮らしの生活費は最低でも毎月11.5万円程度はかかるはずです。

「寮生活」と「賃貸暮らし」それぞれで年間いくらの生活費がかかるのか、また、どれくらいの差が生じるのかを見てみましょう。

「寮生活」V.S.「賃貸暮らし」生活費の比較

寮生活賃貸暮らし
家賃0円6万円
水道・光熱費0円1万円
食事代/月3万円4.5万円
1ヶ月の生活費3万円11.5万円
1年間の生活費→36万円138万円
※娯楽などによる出費は含めていません。

寮生活の場合、主にかかるのは食事代だけなので、年間の出費は36万円程度です。
一方、賃貸暮らしは年間138万円もの出費になります。

したがって、寮生活のほうが年間で約100万円も生活費を節約できることになるんです!

ちなみに、寮生活と賃貸暮らしでの貯金額の目安を比べてみました。

期間工で働きながらの寮生活はどれだけ貯金しやすい環境か、お分かりただけたでしょうか?

まとめ

今回は、期間工の寮費や生活費について詳しく見てきました。

寮生活は決して華やかとはいえませんが、慣れれば楽しいものです。
そして何より、生活費を圧倒的に節約できるのは大きいですよね。

ですから、もし何らかの事情でお金を貯めなければいけないのであれば、「期間工の特権」を最大限に活用してください。

ただし、大前提として、稼げるメーカーに入社する必要があります。
というのも、期間工の給料は会社によって全然違うからです。

もし、応募先がまだ決まっていなければ、まずは以下のオススメ求人をチェックしてみてくださいね。

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次