トヨタと日産の期間工どっちで働く?人気メーカー2社の給料を徹底比較

この記事には広告を含む場合があります。

さまざまな製造会社が期間工を募集していますが、なかでも「自動車メーカー」は部品系メーカーに比べて給料が高い傾向にあります。

今回取り上げる「トヨタ期間工」と「日産期間工」も業界ではトップクラスの待遇なので、この2社のどちらに応募しようか迷われている方もいるのではないでしょうか?

期間工の募集ページを見ると、2社とも稼げそうな雰囲気は伝わってきますよね。

トヨタ期間工の募集ページ
日産期間工の募集ページ

実際、この2社の待遇は非常に良いです。

しかしながら、諸々の手当を含めた総支給を比べたところ、トヨタのほうが断然稼げることが分かりました。
ですから、「稼ぐこと」を最優先して期間工で働くのであれば、トヨタ期間工をおすすめします。

≫トヨタ期間工の募集要項を詳しく見る

ただ、勤務地は「トヨタが愛知県」で「日産が関東圏」になるので、そのあたりの都合で選んでも良いかと思います。

というわけで今回は、トヨタ期間工と日産期間工の給与条件やその他の待遇などを詳しく比較していきましょう!

(日産は勤務地によって待遇が異なるため、今回は「追浜工場」の条件で解説します)

目次

トヨタと日産期間工の給与条件を比較

それでは早速、いちばん肝心な「給与条件」を比較していきますね。

基本給の違い

まず要となる基本給ですが、トヨタは日給制で、日産は時給制になります。
いずれにしても、これをベースに月収、年収が決まります。

では、トヨタと日産の基本給と月収目安を比べてみましょう。

トヨタ日産
基本給日給10,100円
(初回)
時給1,200円
(日給換算9,300円)
月収目安292,030円275,000円

日産の条件も決して悪いわけではありませんが、ご覧のとおり、月収目安を比べると2万円以上もの差になります。

ただ、残業時間よって月収は大きく変動する可能性があるので、その点は理解しておきましょう。

満了慰労金の違い

続いて、非常に高額な手当である「満了慰労金」を比較します。

勤続月数トヨタ日産
1ヶ月3万円
3ヶ月12万円
6ヶ月39万円16万円
12ヶ月49万円22万円
18ヶ月51万円25万円
24ヶ月54万円28万円
30ヶ月56万円
35ヶ月58万円
合計306万円94万円

基本的には6ヶ月ごとの契約を終えるたびに支給される手当になりますが、35ヶ月をフル満了するとその差額はなんと200万円にも及びます。
ただ、これも日産が決して悪い条件というわけではなく、「トヨタの満了金が高すぎる」と言ったほうが正しいです。

いずれにしても、この差は総支給に大きく響きます。

入社祝い金(入社特典)の違い

入社祝い金がもらえるのも期間工で働く大きなメリットですが、トヨタと日産はどちらも非常に高額です。

トヨタ日産
総額60万円50万円
内訳特別手当:40万円
初回更新手当:20万円
入社祝い金:50万円

(※時期変動あり)

トヨタは少し変則的ですが、3ヶ月の初回更新手当を含めると総額60万円になります。
一方、日産は入社祝い金だけで50万円です。

入社特典でこれだけのお金が支給されるわけなので、短期だけでも働く価値がありますよね。

その他各種手当の違い

では、上記以外の手当や待遇も見てみましょう。

まずは、トヨタ期間工の各種手当です。

トヨタ
赴任手当2万円
食事手当1万円(入社2週間後)
250円/日
その他家族手当:2万円/月
寮費無料
赴任帰任旅費支給あり

トヨタ期間工の場合、上記以外に目立った手当はないものの、子どもがいる方にとっては嬉しい手当があります。

一方、日産期間工の各種手当は、以下のとおりです。

日産
食事補助3万円
皆勤手当8万円(4万円×2回)
※最初の2ヶ月のみ
勤続ボーナス5万円(1回のみ)
※最初の6ヶ月契約を満了した方が対象
勤続加算3万円/6ヶ月(3回のみ)
※上記の満了金に含まれる
組立工程加算金1万円/月
寮費無料
赴任帰任旅費支給あり

日産の各種手当は回数が限られるものが多いですが、いずれもそこそこの金額になります。
ただ、上記の満了慰労金の差を覆すほどのインパクトはありません。

以上が、トヨタ期間工と日産期間工における「給与条件」の違いです。

トヨタと日産の総支給を比較

ここまで、トヨタ期間工と日産期間工の給与条件を比べてきました。
ただ、結局のところは、もろもろの手当をすべて含めた「総支給」で稼げるかどうかを判断する必要があります。

というわけで、まずは、トヨタと日産の短期の総支給を比較してみましょう。

トヨタ日産
最短契約143万円
(3ヶ月)
38万円
(1ヶ月)
6ヶ月277万円243万円

最短契約は、トヨタが3ヶ月で、日産が1ヶ月になります。
いずれも試用期間としての位置づけになりますが、総支給は上記のとおりです。

半年の総支給は2社ともかなり高額ですが、トヨタのほうが満了金が高いため、このような結果になりました。

続いて、トヨタ期間工と日産期間工の年収を比べてみましょう。

トヨタ日産
1年目501万円471万円
2年目455万円416万円
3年目435万円381万円
総額1,391万円1,268万円
平均年収477万円435万円

1年目の年収においては2社ともかなり高額ですが、トヨタの金額はちょっと異次元ですね。
2,3年目は基本給や満了慰労金の差による影響で、トヨタのほうが年収は明らかに高いです。

総じて、平均年収ではトヨタのほうが40万円ほど上回る計算になります。

したがって、「稼ぐ」という目的を最優先させる場合は、トヨタ期間工のほうを断然おすすめします。

≫トヨタ期間工の募集要項を詳しく見る

ただ、この結果はあくまでトヨタと比較した場合であって、日産期間工の待遇もかなり良いほうです。

関東圏で期間工の仕事を探している方は、ぜひ日産を候補に入れておきましょう。

≫日産期間工の募集要項を詳しく見る

勤務時間の比較

次に、勤務時間帯の違いも一応見ておきましょう。

勤務時間
開始時間終了時間
トヨタ6:2515:05
16:0024:00
日産6:3015:00
16:000:30

2社とも基本的には、①と②の2直交替勤務になります。
つまり、①と②のシフトを1週間ごとに交替するような働き方です。
どちらも似たような勤務時間帯で、昼夜がまったく逆転するようなシフトではないのは助かりますよね。

ただ、勤務時間帯や交替シフトは部署によっても変わるので、その点は理解しておきましょう。

正社員登用実績の比較

ちなみに、期間工で働くことは、工場勤務で正社員になるための登竜門でもあります。
つまり、期間工から正社員へキャリアアップできるチャンスがあるということです。
もちろん採用試験はありますが、クリアすれば大手自動車メーカーの正社員も実現します。

では、トヨタ期間工と日産期間工の「正社員登用実績」を見てみましょう。

トヨタ日産
登用実績1,623名
(過去5年)
1,138名
(2016〜2023年)
推定採用人数324名/年142名/年
試験回数年2回2回

どちらの会社も正社員登用を積極的に行っているのはうかがえますが、人数でいえばトヨタのほうが圧倒的です。

ただし、期間工の雇用人数が全然違うので、採用率は日産のほうが高いと思われます。

将来を見据えて期間工へ応募する方は、このあたりも踏まえて検討してみましょう。

結論

今回は、「トヨタ期間工」と「日産期間工」の給与やその他の条件を比べてきました。

期間工求人としてどちらも人気のある会社ですが、「稼ぐ」という点においてはトヨタのほうが断然おすすめです。

≫トヨタ期間工の募集要項を詳しく見る

ただ、トヨタには及びませんが、日産期間工の給料も非常に高いです。
ですから、関東圏で仕事を探している方は、日産期間工も候補に考えてみましょう。

≫日産期間工の募集要項を詳しく見る

なお、ほかの会社の求人も見てみたい方は、掲載数が最も多い『期間工.jp』も覗いてみてくださいね。

それでは、、あなたの採用が無事に決まるよう応援しています!

期間工なるなら
稼げなきゃ意味がない

せっかく稼ぐために働くわけですから、待遇が良いに越したことはありません。

SHARE
  • URLをコピーしました!
目次